実行委員会ブログ

カルチャーMIXフェスタ2015が開催されました

11/6(金)

11/6(金)17:00より、万代市民会館5F
フリースペースにて、
合同作品展示会 Emotional Hearts 2015』が
始まりました。
8月にプレ展示会が開催されてから三ヶ月、
月日と共に凝縮したエネルギーを溜め込んだ
アーティストらによって様々な作品が
展示されました。
書道の展示から風景の写真、
絵本、絵画、漫画、俳句、試聴用音楽の設置、立体物……。

作品内に込められた、これでもかと言わんばかりの創作エネルギーの奔流に、
訪れた人々や展示スタッフはため息をつくばかりでした。
また、実行委員会ワークショップ企画『若者による若者のための俳句講座』にて
参加者が作った俳句作品も展示されました。

8月のプレ展示会は4F研修室で行われましたが、

研修室よりも会場が広く、照明も明るく、どんな展示をしているかがよく見える、

立ち寄りやすい雰囲気でよかったです。
会場の確保にご協力してくださったみなさん本当にありがとうございました。


続きを読む 0 コメント

カルチャーMIXフェスタ実行委員会最終会議(10/28)

10/28(水)19:30より、万代市民会館の403会議室にて、
カルチャーMIXフェスタ実行委員会による最終会議が
開かれました。本番前の会議としてはこの会議が
ラストのものとなるため、ステージイベント、展示会の
メンバーを含めた18名が参加しました。

初めにこれまでの進捗状況の報告から入りました。
これまであったワークショップのまとめ、パンフレットが
新聞折り込みをされたこと、
記者会見や『SOUL TO RADIO』の報告もありました。

続きを読む 0 コメント

空間共有型ラジオ的公開番組 SOUL TO RADIO(10/27)

10/27(火)、新潟市万代市民会館5F
オープンスペースにて、LOVE-ISM代表・創作表現集団
D-Soul主催の司山さんによる、
カルチャーMIXフェスタ2015イメージボーイの
HIDE笹川さんをゲストに
『空間共有型ラジオ的公開番組 SOUL TO RADIO』が
行われました。

HIDEさんから自身がマジシャンとして舞台に立つことになったきっかけのお話をお聞きしました。
HIDEさんは少年時代、性格が暗くて人前で意見を言えない子どもでした。
クラスメイトにいじめられ、その仕返しとして暴力に走り、学校から問題児扱いされていた頃、
HIDEさんはマジックと出会いました。そしてある時、HIDEさんのマジックの噂を聞きつけた
クラスメイトの一人が、学校の文化祭でマジックをしてほしいと頼み込みました。
当初は固く断ったHIDEさんでしたが、やがて懇願に折れて承諾し、文化祭でマジックを披露、
結果は大成功で「みんなが自分を認めてくれた」という経験をしたことが、
「みんなを笑顔にするためにマジックを頑張ろう」と思えるようになったきっかけだったそうです。

HIDEさんは現在、学校に通いながらマジシャンをしています。
ただ、学業をしながらマジックをこなすことには難しさがあります。
そのせいか何度もマジックをやめようと考えたことがありました。
しかし周りの人から、「マジックはあなたの宝物なのだから大事にしていきなさい」と諭され、
現在も続けているということでした。
マジックの練習については、時間がとれる日に家で一日中マジックの練習をする、
空き時間をマジックにあてる、夜中にずっとマジックをしているなど、
多少むりやりにでもメリハリをつけて練習時間をとることを続けているとのことでした。

続きを読む 0 コメント

カルチャーMIXフェスタ実行委員会による記者会見(10/27)

10/27(火)、新潟市万代市民会館5F
オープンスペースにて、
カルチャーMIXフェスタ実行委員会による
記者会見が開かれました。
記者会見では、カルチャーMIXフェスタの
これまでの成り立ち、若者支援センター『オール』の
取り組みなどの紹介があり、
カルチャーMIXフェスタ2015イメージボーイである
HIDE笹川さん、実行委員会のkobaさん、藤井さんによる
開催への意気込みが語られました。
kobaさんは展示会でイラストを出展する予定で、
藤井さんはホールイベントで照明などの裏方を担当します。


会見で行われた質疑応答をご紹介します。

Q1.ステージイベントの見どころは何ですか?
A1.11月7日(土)の12:00-13:30まで行われる予定の、『繋げ!紅白詩合戦』が特に見どころです。
 紅組と白組に分かれてのパフォーマーによる詩バトルですが、1人3分で自身が持っているものを
 詩に注ぎ込んで表現します。
 その他、11月8日(日)の19:00-20:30まで行われる予定の、HIDE笹川さんを含む4人の
 マジシャンによるショーも魅力的です。

Q2.展示会の見どころは何ですか?
A2.今回は初参加の方もいて、立体や折り紙、ガラス挿絵など、さまざまな面で新しい発見があると
 思います。同時に実行委員会企画も製作中で、こちらは折り紙などを中心に作っています。
 また今回はイラスト出展予定のOGさんにチラシを制作していただきましたが、
 このチラシ自体もよくできていて、一つの作品だと言えます。是非手にとって御覧ください。

Q3.ステージイベントで物販はありますか?
A3.個々のパフォーマンスの後の交流時間で物販があります。

Q4.今度別のワークショップがあるらしいですが、どんなワークショップなんですか?
A4.『プラバン雑貨講座』のことですね。11月8日(日)の11:00~16:00まで開催されています。

 参加費は300円です。講師はイラスト、立体を出展予定の19840429さんです。
 内容は、アクリルに油彩でイラストを描いて、それをレンジにかけることで作品を作ります。
 キーホルダー状のものができますね。
 万代市民会館5Fのオープンスペースで開かれて、その場で講師の方が親切に教えてくれます。
 実行委員会ブログ『プラバン雑貨ワークショップ試作品製作(10/23)』もご覧ください。

質疑応答の後はHIDE笹川さんをゲストに『SOUL TO RADIO』も行われました。
記者会見に来て下さった記者の方々、お忙しい中本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。


続きを読む 0 コメント

はじめてのジャグリング道具体験 大道芸広場(10/24)

10/24(土)、新潟市万代市民会館4F403研修室で、
はじめてのジャグリング道具体験 大道芸広場』が行われました。

当初は9名が参加し、途中で3名ほど飛び入り参加があり、
合計12名による楽しい講座となりました。
講師にはパフォーマーPeaceさんをお迎えして、アクリル製の
水晶球を2~3個手のひらで転がすパフォーマンスと、
ボールを空中に投げ上げてお手玉するジャグリングの二つを
教えていただきました。

最初に教わった手のひらに大きめの水晶球を載せて、
それを指先を使ってコロコロと転がすパフォーマンス、
「指先も全て使って、手のひら全体の筋肉を動かして下さい」という
Peaceさんのアドバイスの元にやってみましたが、これが難しい!
指先の先端や、普段使わない筋肉を目一杯用いるので、指先がつりそうになります、
やがて慣れてきた頃にボールが追加され、3つのボールを転がします。
簡単に手のひらから落ちるような大きさなので、少しも気が抜けません。
水晶玉転がしと平行しつつ、他にもボールを使ったパフォーマンスを教えていただきました。


続きを読む 0 コメント

プラバン雑貨ワークショップ試作品製作(10/23)

11/8(日)に行われる『プラバン雑貨講座』に向けて実行委員会で試作品づくりを行いました。

自由にプラスチック板に絵を描いて、

トースターで焼くこと20秒。

続きを読む 0 コメント

若者による若者のための俳句講座(10/21)

10/21(水)、新潟市万代市民会館4F美術工芸室で、
『若者による若者のための俳句講座』が開かれました。

当日は合計14人が参加された賑やかな講座となりました。
講師として新潟の若者のための句会「とねりこジュニア句会」を主宰する織田亮太朗さんをお迎えし、ユーモア溢れた

講義をしていただきました。
最初にそもそも俳句とは何か?という簡単な所から

始めていき、俳句を作る上での基本ルールや季語の説明の後、

実際に俳句を作ることになりました。


五・七・五のリズムに合わせ、季語を入れた短詩を作ることに、

はじめ参加者の皆さんは悩んでいましたが、やがて総計17句もの俳句が集まりました。
その後は互いの句に得点を入れあう選句の後、織田さんが全ての句に講評を述べる

プチ句会が行われました。織田さんは「みなさんとてもセンスがいい。

初めて作るのにこれはスゴい」と唸っていました。

 

続きを読む 0 コメント

カルチャーMIXフェスタ実行委員会作業風景(10/17)

10/17(土)、万代市民会館4FにてカルチャーMIXフェスタ実行委員会による作業が行われました。
アーティスト達が大勢集まり、実行委員会企画で行う作品作りが行われました。

作業は午前中からあり、午前中は作品に用いる素材を
作製しました。午後からは実行委員会企画として「秋」を
モチーフにして折り紙を折りました。


続きを読む 0 コメント

カルチャーMIXフェスタ実行委員会会議(10/7)

10/7(水)、万代市民会館4Fにて
カルチャーMIXフェスタ実行委員会会議が行われました。
パフォーマー、アーティスト総勢15名が集まりました。


初めにここまでの各班の進捗状況、
実行委員会ワークショップ企画
10/27(火)19:00~に行われる「Soul to Radio」や
公式ホームページ制作等の

広報活動の報告がありました。
人数不足の中、チラシの制作、修正や各参加者への案内の送付等、
メンバーが知恵と力を出し合って制作を進めていることを改めて実感しました。


その後はステージイベントを行うホール班、
合同作品展示会を行う展示会班に分かれて今後の役割分担等を行いました。

ホール班では11/7(SAT)昼の企画ものについての意見交換が行われ、
裏方スタッフについての話し合いを行いました。

展示会班では展示会有志による実行委員会企画の制作とその日程、
当日会場に置く案内看板の制作、ホームページでの出展アーティスト紹介

充実化等を話し合いました。
実行委員会企画として、展示会班は8月の展示会では「紙飛行機」「団扇」を
合同で制作しましたが、今回は「秋」をイメージしたものを有志で作ることになりました。
どのようなものになるか、制作の過程は今後もブログにてご報告していきたいと思います。


続きを読む 0 コメント